【ネット使い放題で月額1480円】楽天モバイルスーパーホーダイのメリット・デメリット

どうも!二郎です(・∀・)

国民のほぼ全員が持っていると言っても過言ではない携帯電話

大手キャリアは平均約8000円の出費!!

めんま
高杉・ω・

大手キャリアってなんでこんな高いんですかね…

格安SIMに乗り換えたいけど、どの会社が良いか分からない、格安SIMって本当に使えるの?という方には楽天モバイル スーパーホーダイをおすすめします

私は現在ソフトバンクを使っていて2018年の10月に楽天モバイル スーパーホーダイへ乗り換え、月のスマホ料金を大幅に節約する予定です\(^o^)/

節約して浮いたお金で投資なり、旅行に行くことだってできるので携帯料金の見直しは重要です(・∀・)

ソフトバンクの契約状況と使用用途

毎月の料金
  • モバイル 8000円
  • 固定回線(Softbank光) 5000円
  • 合計13000円

プランはギガモンスター20GBを契約していますがyoutubeを通勤時に見たり、仕事でテザリングをして作業をしていると20GBあってもギリギリになることがあります

使用用途
  • youtube(通勤時に使用)
  • ネットサーフィン(暇な時に)
  • テザリング(PC,ipad)
  • ゲームはほぼやらない
  • 電話はたまにする
20GBとはいえ、やはり無制限ではないので残りのGB数を気にしながら毎月過ごしています

とはいえ50GBのウルトラギガモンスターに契約するかと言われるとこれ以上携帯料金にお金をかけたくないのです。。。

乗り換えの条件

そこで以下の乗り換え条件で各社の格安シムを調べていきました。

乗り換えの条件
  • 料金が安い(2000円以下/月)
  • ネット使い放題(GB上限なし)
  • 速度はyoutubeが見れる程度で良い
  • 無料でテザリングができる
ネットが使い放題だとyoutubeが止まるくらい速度が遅かったり、速度が出ているとGB制限があり、GBを多く設定すると料金が高かったりしますよね

全ての条件を叶えてくれる会社はないものか!!

そんな私の条件をすべて叶えてくれたのが楽天モバイル スーパーホーダイでした(・∀・)

びび
あの楽天?スーパーホーダイってなにがホーダイなんや

楽天モバイル スーパーホーダイとは


楽天モバイル スーパーホーダイとはネットショッピングでおなじみの楽天が展開しているMVNOの格安モバイルサービスです

最近だとローラのwebCMでよく見かけますね(・∀・)

楽天モバイル スーパーホーダイには3つのメリットがあり、そのメリットが現時点のMVNO中では最強です

楽天モバイル スーパーホーダイ3つのメリット

【メリット1】料金が安い


楽天会員であれば高速通信2GBで2年間ずっと月額1,480円

さらに楽天ダイヤモンド会員であれば1年間月額980円

私はダイヤモンド会員ではないので、月額1480円ですがソフトバンクの金額とくらべて1/5になるので十分です(・∀・)

しかもこのプラン10分以内の国内通話はかけ放題なんです!!!!!

普段長電話をしないので、10分以内の通話で済ませれば電話料金をプラスで取られる心配もありません(・∀・)

※楽天でんわというアプリから発信する必要があります

【メリット2】上限なしで使い放題

大体の格安SIMは高速通信で5~30Mbps速度が出ます

この速度で使い放題であれば問題はないのですが、高速通信のGB契約数まで利用したあとは低速通信となり200~300kbpsしか出ないので遅すぎて使い物になりません・ω・

しかしこの楽天モバイル スーパーホーダイは低速通信時の速度が速く最大1Mbpsの速度がでます
※1Mbpsはベストエフォート(最善の努力値)

これは事実上のGB上限なしのネット使い放題という神プランです!!

しかし1Mbpsが早いのか遅いのかピンとこないと方が思います

そんな方のために楽天モバイルが以下表を出しています

参照:楽天モバイル スーパーホーダイ

動画再生が「問題のないレベル」とありますがどんなレベルなのでしょうか?笑

こちらの速度の比較動画をご覧ください

これなら余裕でyoutube見れますね!!しかも無制限で見れるので高速通信は2GBの最安プランで十分です(・∀・)

【メリット3】テザリングが無料

ソフトバンクだとテザリングをするのにテザリングオプションとして500円を払わなければいけないのですが、楽天モバイル スーパーホーダイのテザリングはもちろん無料です!

1Mbpsでテザリングをする場合でブログ書いたり、ネットサーフィンするぐらいなら全然低速モードで対応できます

テザリングをしている時も、もちろん1Mbpsで使い放題なので、楽天モバイル スーパーホーダイのテザリングを主回線に固定回線を解約するなんて荒業も…笑

楽天モバイル スーパーホーダイのテザリング模様はコチラを御覧ください

楽天モバイル スーパーホーダイ 3つのデメリット

安くてネット使い放題な神プランですが、デメリットが2点だけあります

【デメリット1】1Mbps出ない時間帯がある

デメリット1つめは低速モードで1Mbps出ない時間帯があることです

低速モードで常に1Mbpsの速度がでるわけではなく、1日の特定の時間帯に速度が300kbpsまで落ちます

300kbpsになる時間帯
  • 12:00~13:00
  • 18:00~19:00

300kbpsという速度は、何をするにもストレスを感じる速度です(泣)

これを回避するには上記時間は極力Wifiを利用するか、どうしても低速で困ったときには高速モードに切り替えれば回避することができます

高速、低速の切り替えは楽天モバイルが出している専用アプリで簡単に切り替えることができるので、これを利用して300kbpsを乗り越えれば無問題です(・∀・)

【デメリット2】最安プランは3年契約


デメリット2つめは最安プランを使うにはは3年契約をする必要があるということです

上記画像のように1480円/月で利用するには3年契約が必要になります

2年契約だと1980円/月になります

大手キャリアは2年契約が多いので、3年契約に懸念を感じる方もいるかも知れません

しかし楽天モバイル スーパーホーダイの場合2年契約であろうと3年契約であろうと、解約手数料は一律9800円です

3年契約にしたからといって、途中解約で9800円以上のお金を取られることはないのですが、これを懸念と感じる方はきちんと自分の3年先の利用シーンを考えるようにしましょう

【デメリット3】3年目は料金が上がる

デメリット3つ目3年目は料金が上がるということです

楽天モバイル スーパーホーダイは3年目になると料金が1,480→2,980円にアップします

料金が途中で変わるのはワイモバイルやUQモバイルも同じなのですが、ワイモバイルやUQモバイルは2年目から料金があがるのでそれに比べるとプラス1年間割引料金が続くので、3年契約が苦じゃなければ私はアリだと思っています

料金が3年目になると倍の値段になるので、これをデメリットだと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが各プランを計算すると3年契約するのが最もお得です

【楽天モバイル】スーパーホーダイ料金プランは2GBで3年契約がおすすめ!

めんま
そこまで注意するほどでもなさそうね

楽天モバイルスーパー ホーダイにした場合の節約額

楽天モバイルスーパー ホーダイに乗り換えると月々6,500円が浮きます

1年で78,000円,2年で156,000円です。

この浮いたお金はすべて投資資金なり、貯金に回せます

お金を貯めるにはやはりこういった無駄な費用は節約しないとですね

また、乗り換えには際に事務手数料3394円が発生しますがWEB申し込み限定であれば事務手数料無料のエントリーパッケージがamazonで買えるのでさらに節約したい方はこちらがおすすめです

楽天モバイル スーパーホーダイに乗り換えがおすすめな方

格安シムに乗り換えを検討している方はたくさんいると思いますが、その中で楽天モバイル スーパーホーダイに乗り換えをおすすめするのはこんな方です

楽天モバイルスーパーホーダイに乗り換えがおすすめな方
  • 大手キャリアを利用している方
  • 月の携帯料金をとにかく安くしたい方
  • ネット使い放題(GB上限なし)をご希望の方
  • そこまで速い速度を求めていない方

上記全てに当てはまる方はには超絶おすすめです(・∀・)

まとめ

楽天モバイル スーパーホーダイは私にとって超ピッタリなプランなので10月のソフトバンクとの契約が終わるときに速攻で楽天モバイルに乗り換えようと思います。

実際に使ってみてどんなに失敗しても解約手数料9800円の損にしかならないので、大手キャリアを使い続けるよりは断然良いです

実際の購入後使用レポートはまたアップしますね(・∀・)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です