【効果がないは嘘!】黒烏龍茶の効果を利用してダイエットに勝利しよう

どもー二郎です

今ダイエットをしているので2ヶ月ほど食べていませんが、私はラーメン二郎が大好きです(・∀・)

ラーメン二郎をこよなく愛す方々は必ずと言っていいほど黒烏龍茶を飲んでいます笑

私もラーメン二郎を食べるときは必ずサントリーの黒烏龍茶を飲んでいました(・∀・)

私が過去黒烏龍茶を飲んでいた理由はなんとなく効果がありそうというだけで、二郎を食べる時は必ず黒烏龍茶を飲んでいましたが57→78kgまで太りました笑

そんな黒烏龍茶の効果を感じられなかった経験から、黒烏龍茶は本当に効果があるのかという記事を書くことにしました

結論から言うと黒烏龍茶はダイエットに効果的です

【裏技】ダイエット中でもラーメン二郎を食べれる方法

2018.08.02

【ビフォーアフターあり】ダイエットはじめました

2018.07.11

黒烏龍茶とは

created by Rinker
黒烏龍茶
¥3,427 (2018/11/15 16:39:54時点 Amazon調べ-詳細)
黒烏龍茶といえばサントリーが出している商品を思い出しますが、他にも色々な会社が黒烏龍茶という名前で商品を出しています

今回は代表的なサントリーの黒烏龍茶に焦点を搾って説明していきます

そもそも黒烏龍茶とはなんなのか?という点に対して、サントリーのよくある質問に黒烏龍茶についての記載があります

『黒烏龍茶』はサントリーが独自で開発した製法で、ウーロン茶からウーロン茶重合(じゅうごう)ポリフェノールのみを抽出し、それを通常のウーロン茶に加えることで、脂肪の吸収抑制効果を強化した特定保健用食品のウーロン茶です。
参照:サントリーHP

うん。よくわからないですねw

この説明から推測するとウーロン茶重合(じゅうごう)ポリフェノールが脂肪を吸収する効果があるということのみなので、ウーロン茶重合(じゅうごう)ポリフェノールについて細かく書いていきます

黒烏龍茶に含まれるウーロン茶重合(じゅうごう)ポリフェノールの効果とは

黒烏龍茶に含まれるウーロン茶重合ポリフェノールを説明をする前に、ウーロン茶重合ポリフェノールの略称は頭文字を取って(Oolong Tea Polymerized Polyphenols)OTPPと呼びます

ウーロン茶重合ポリフェノールは長いので以下OTPPと記載させてください笑

黒烏龍茶に含まれるOTPPとは

黒烏龍茶に含まれるOTPPとは烏龍茶の茶葉を半発酵する過程でカテキン類が結合(=重合)してできるウーロン茶特有の成分で、複数の成分の総称を指します

黒烏龍茶に含まれるOTPPの効果

黒烏龍茶に含まれるOTPPの効果とは一体どのようなものなのでしょうか?

サントリーHPにOTPP量が多いウーロン茶を飲まなかった場合について以下記述があります

食事でとった脂肪は、小腸で吸収されます。脂肪は、小腸で「リパーゼ」という酵素によって吸収しやすいように分解されて、体内に吸収されます。それが中性脂肪になり、その結果、血液中の中性脂肪が上昇するという訳です。
参照:サントリーHP

中性脂肪は「脂肪」という名前から、摂取してはいけないように思いますが、人間のエネルギー源は”糖質”と”脂質”です

人間にとってのガソリンのようなものですね(・∀・)

しかし、エネルギーとして使い切れずに余った脂質は脂肪として体内に蓄えられてしまい結果脂肪がつく、太るということになります

OTPPが多く含まれた黒烏龍茶を摂取した場合の効果はどのようなものなのでしょうか

「ウーロン茶重合ポリフェノール」が、小腸で「リパーゼ」のはたらきを邪魔します。それによって脂肪の吸収が抑えられて、余分な脂肪が体外に排出されます。その結果、血液中の中性脂肪の上昇が抑制されるという訳なんですね。
参照:黒烏龍茶とは

つまりOTPPは脂肪を体内に吸収しやすいように分解してくれるリパーゼの働きを邪魔することで余分な脂肪を吸収しなくなるという効果があるというわけです

OTPPは黒烏龍茶だけでなく一般的な烏龍茶にもともと含まれているのですが、OTPP含量が多く効率よくOTPPを摂取できるのが黒烏龍茶であり脂肪吸収を抑えられるということです

通常の烏龍茶にも含まれていてるOTTP量と、一般的な市販の烏龍茶と比べるとこのような形になります

商品 OTPP含量(250mlあたり)
サントリー黒烏龍茶 70mg
一般的な烏龍茶 30mg

参照:「黒烏龍茶」に係る食品健康影響評価に関する審議結果(案)

これを見るとサントリーの黒烏龍茶の方がOTPPが一般の烏龍茶の約2.5倍含まれていて2.5倍の脂肪吸収を抑えられる効果があるようです!

つまり、OTPPを一般的な烏龍茶で黒烏龍茶と同様の効果を得ようと70gのOTPPを摂取する場合625mlの烏龍茶を飲まなければならないということになります

これは大変ですね…

考え方的にはタンパク質を効率よく摂取するためのプロテインと似ています

サントリー黒烏龍茶の効果とは

OTPPが脂肪吸収を抑えてくれるのは分かりましたがサントリー黒烏龍茶の効果は信用しても良いものなのでしょうか?

答えはYESです

サントリー黒烏龍茶は消費者庁に特定保健用食品(トクホ)として申請を行いきちんと認可を受けている商品で、国が黒烏龍茶の効果を認めているので効果を信用しても良いと思います(・∀・)

サントリーが黒烏龍茶の効果を実証するためにした実験のなかで食事とともに黒烏龍茶を摂取すると約20%の血中中性脂肪の吸収を抑えられたという効果の記載があり、さらに1日2本食事とともに黒烏龍茶を摂取すると、体に脂肪が付きづらくなるという効果があるとも記載があります

これらに関しては体内に吸収されなかった脂肪がそのまま便としてでるので、納得できる効果と言えると思います・ω・

黒烏龍茶を飲んでいるのに痩せない理由

黒烏龍茶が脂肪吸収を抑制してくれる効果があるということは、トクホという形で国のお墨付きまでもらっているので効果があることは実証されているのですが、「黒烏龍茶 効果」とGoogleで検索すると「黒烏龍茶 効果なし」「黒烏龍茶 効果ない」などがまっさきに出てきます笑

これは私と同じように黒烏龍茶を飲んでいてもダイエット効果を感じることができなかった方々が多いという証拠ですね・ω・

黒烏龍茶は効果があるのに黒烏龍茶の効果を感じられない方がいるのははなぜでしょうか?理由は簡単です

食事とともに黒烏龍茶を摂取しても約20%の血中中性脂肪しか吸収を抑える効果しかないからです・ω・

例えばラーメン二郎を食べる時に黒烏龍茶を飲んだ場合で考えてみます

ラーメン二郎の栄養素は以下の通りです

ラーメン二郎の栄養素
タンパク質55g、脂質93g、炭水化物165g、塩分16.5g
ラーメン二郎に含まれる脂質は93gと大量の脂質を含んでいます

黒烏龍茶を飲んだとして、単純計算で20%が吸収されずに便として排出されるとしても75gは脂質を摂取していることになります

しかし脂質の必要摂取量は成人男性で55gほどですので、20gオーバーしています。。。

オーバーした脂質はエネルギーとして吸収されず体脂肪として体内に蓄えられます

つまり、黒烏龍茶を飲んだからといって黒烏龍茶の効果を上回るほどの脂質を取っていては太るのは当然ということですね(・∀・)

あくまで黒烏龍茶は、一部の脂肪を吸収しないようにしてくれるだけなので、黒烏龍茶を飲んだからなにを食べても良い訳ではありません

黒烏龍茶を飲んでも効果を感じないという方は、黒烏龍茶の効果以上に脂質を取りすぎているか、エネルギーを消費していないから黒烏龍茶の効果を感じられないだけに過ぎないのです

まとめ

黒烏龍茶自体は特保によって効果が認められている!

しかし、黒烏龍茶の効果を超えるほどの脂質を摂取すれば太る!

脂質を取りすぎたら、黒烏龍茶の効果に頼るだけでなくエネルギーとして消費しよう!

created by Rinker
黒烏龍茶
¥3,427 (2018/11/15 16:39:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です