【賃貸よりお得!】独身でもマンションを購入するメリット

どうも!二郎です(・∀・)

過去記事で貯金がないことをお話させていただきましたが、資産としては約2年前に購入した中古マンションがあります

【働きたくない】貯金0サラリーマンがセミリタイアはすることは可能なのか

2018.07.08

マンションを購入するタイミングとしては結婚を機に購入される方が多く、26歳独身でマンションを購入するのは珍しいと思います笑

それでも独身の私がマンションを購入を決断したのは賃貸に住み続けるよりマンションを購入したほうがお得という判断をしたからです

本記事では独身の私がなぜマンションを購入に至ったのかというところを書いてみます

めんま
私は広いお家ならなんでもいい!
びび
同感です

独身で買うならマンションと一戸建てどっち?

まず独身で不動産を購入しようとした場合、マンションを買うのか一戸建てを買うのかと言う所で悩みました

私の場合、独身でも不動産を購入する決意をしていたので、一生購入した物件に住み続けるというよりも次に売りやすかったり賃貸として出しやすい方を考えた結果マンションを購入という判断をしました

例えば3000万円の予算を用意した場合、マンションであれば土地の値段を含んでいない分、駅から近かったり、土地価格の高い場所だったり、面積が広かったりと条件面では一戸建てよりマンションのほうが有利です

また、条件面一戸建てより優れているので、売りやすく賃貸として貸しやすい物件が多いです

一方一戸建ての場合、土地の価格を含むので購入価格も高いですが長期的な資産価値としては一戸建ての方が有利です

しかし上述の通りマンションに比べると条件面が良くないので売りにくく、賃貸に出そうとした場合も土地の購入価格分を含んだ高額な賃貸価格になってしまう場合が多いです

つまり、独身として不動産を買う場合一生住み続けるのでなければ一戸建てよりマンションを購入するほうが無難という点から私はマンションを購入を決断しました・ω・

賃貸と購入の比較

独身で賃貸物件に住んでいる方の場合、住むエリアによって異なりますが東京都にお住まいの方は家賃相場からすると大体7~10万円といったところでしょうか

私は独身ではあるのですが彼女と一緒に住んでいるので、そういった方々の場合の家賃相場は更に高くなるでしょう

そこで今回は切りよく仮に月々10万円の支払いで賃貸と購入ではどのような差が出るののか考えていきます
※更新費等の諸経費は考慮しないものとします

賃貸の場合

月の支払い10万をとした場合、年単位で見ると120万円になります

1年間で120万円も住居費に支払っていることになるのです。。。

ある程度の中古車であれば毎年乗り換えできてしまいます

更に就職と共に一人暮らしを始め、生涯賃貸生活を貫いたときの場合はどれくらいの費用を住居費として払うのでしょうか

大卒の年齢を22歳、日本人男性の平均寿命である81歳として計算をすると、なんと59年間は賃貸契約をしなければなりません((((;゚Д゚))))

これを年間の支払い金額で計算すると、賃貸の場合生涯で支払う金額は120万円×59年間でなんと7080万円!!

うーん。。。

これだけ見るとかなりもったいなく感じるのは私だけでしょうか

めんま
私もそうおもう!

購入の場合

購入の場合は読んで時の如く、購入をするわけですから賃貸のように一生賃貸料を払い続ける必要はありません

大体の住宅ローンは35年間に渡って返し続けるものなので、以下のようになります

月の支払い10万、年単位で見ると120万円、35年間で4200万円!!

4000万あれば都内で新築マンションが買えてしまいます

賃貸との差おおよそ2880万円!!

庶民にとっての約3000万はとても大きいです

特にセミリタイアを目指す身として3000万円あれば年に500万円使ったとしても6年生活ができちゃいます・ω・

3000万を年率5%の投資信託に預ければ年150万円不労所得を得ることだってできます

購入の場合修繕費や管理費もありますが、差額の金額だけで見ると圧倒的に購入したほうがお得なことがわかります

賃貸のメリットデメリット

独身の場合、賃貸物件を借りている方が多いですが独身が賃貸物件を借り続ける場合のメリットはなにがあるのでしょうか

賃貸のメリット

賃貸のメリット
  • 自由に引っ越せる
  • ローンがないのでリスクがない
  • 収入が減っても安いところへ住み替えられる
独身であれば例えば海外移住であったり、地方で新たな生活をしたりと様々なライフスタイルの変化を満喫することができます

結婚をして子供がいると、独身と比べ家族の人生も伴うのでそう簡単にはいきません

そういったライフスタイルの変化を好む独身の方は、自由に引っ越すことができるという点で賃貸のメリットを受けられると思います

また住宅ローンで多くのお金を借りているわけではないので、ローンに対するリスクはありません

独身であれば夢を追い求めて転職をした結果収入が減ったとしても安い物件に住み替えれば良いだけなので、月々の住居費用による悩みは少ないのもメリットですね

めんま
自由にお引越しできるのは魅力

賃貸のデメリット

逆に独身の場合の賃貸のデメリットはどんなものがあるのでしょうか

賃貸のデメリット
  • 自分の資産にはならない
  • 支払っている金額に対しグレードが低い物件が多い
これは独身、既婚共通ですが賃貸の場合は賃貸料をオーナーに払い物件を借りるだけなので、どれだけ家賃を支払っても自分の資産にはなりません

また、賃貸用に作られた物件はオーナーが賃貸料で利益を多く出したいので、物件にかける費用が抑えられていてグレードが低い物件が多いです

独身の方で利用されている方も多いと思いますが、レ○パレスの等の独身者向けの物件はグレードが低いことが有名ですね・ω・

めんま
きれいなお家は最高!広いとなお嬉しい!

購入のメリットデメリット

独身の場合のマンション購入のメリットはどのようなものがあるのか考えてみます

購入のメリット

購入のメリット
  • グレードの高い物件へ住める
  • ローンを払い終えれば自分の資産になる
  • 資産運用にもなる
  • 保険代わりになる
購入の場合、不動産デベロッパーが物件を買ってもらいたいので、グレードの高い物件が多いのが特徴です

グレードの高い物件へ住むことができるので、独身でも賃貸よりリッチな気分で生活をおくることができますね(・∀・)

購入の場合の金銭面を前の章でお話しましたが、ローンを払い終えれば自分の資産になるので賃貸料を払い続ける必要もありません

また、例えばマンションを購入したとしてローン途中で不動産価値があがり、売却しても利益が出るような状態になった時、独身であれば気軽に賃貸生活に戻ることだってできますし、新たに次のマンションを買って資産を増やしく行くこともできます

そして1番のメリットは保険代わりになるというところです

これは独身の方も既婚者の方も両方にメリットがあるのですが、3大疾病や自分が死んでしまった場合に残りの住宅ローンは代わりに保険会社が支払ってくれる団体信用生命保険という制度があります

やはり人間ですから、病気にかかるリスクは当然存在しそれによって働けなることも考えられるわけです

もしそんなときに独身で3大疾病にかかってしまい賃貸物件に住んでいようものなら、家賃が支払えず退去費を取られ復帰したときには「帰る家がない」なんてことにもなりかねません

このリスクは、生命保険を自分に対してかけたりすることで回避できますが、保険料を別途支払わなければなりません。。

しかし住宅購入時に加入する団体信用生命保険は無料または生命保険に比べると圧倒的に格安で入ることができます(・∀・)

びび
なんだかメリットが多そうだにゃ

購入のデリット

最後に独身がマンションを購入のデメリットを考えてみます

購入のデリット
  • 簡単に引っ越せない
  • ライフスタイルが定まっていない
  • 物件選びが難しい
独身の場合、将来どのようなことが起こるか既婚者に比べて予測が立てづらいです

例えば、既婚者で子供がいる方であれば、子供の人数で部屋数を決め周辺環境は保育園が近い等、子育てのしやすい場所を選んで物件を探し購入します

一方独身でマンションを購入する場合、結婚するかも子供ができるかもわからないので物件選びも難しです

また、独身の場合海外移住などの大きなライフスタイルの変化を決断する方もいるので、そういった方は住宅ローンも残っており簡単に引っ越せないためマンション購入はデメリットになると思います

めんま
メリットだけではないのね

独身の私がなぜ購入を選んだのか

独身の私が最終的にマンションをこ購入したのは、購入のメリットを考えたとき貯金もなく将来の資産にとても不安を感じていたのでそれを払拭できるという部分が1番大きいです

購入のデメリットに関しては、私はあまり気になりませんでした

マンション購入前は5年間同じ賃貸マンションに住み続けていたので、割と同じ所に長く住むタイプでしたし、そもそも死ぬまで住むことを前提に購入しようとしていません

また独物件選びについては、結婚をして子供ができた場合でも対応できるように、ファミリー向けのマンションを買うことで独身でもライフスタイルの変化にもある程度対応することができるので独身でもマンション購入という選択を選びました

おわりに

今購入したマンションは2年前の健康状態が良いときに購入したので住宅ローンも団体信用生命保険も無事通りましたが、健康状態が悪く長期的な返済能力がないと判断されるとそもそも購入の可能性すら閉ざされてしまいます

私が独身でもマンションを購入した目的は一生住む!というわけで購入したわけではなく、途中で売り払っても賃貸よりは得だからで、次も購入を考えているのですが、健康状態が2年前に比べすこぶる悪いので(太りすぎた)ローンも通らないかもしれません><

将来の資産形成にも影響するので独身の方でもみなさんも健康だけは気をつてください!!

まとめ

独身でもマンションを購入するメリットは大いにあります!

独身の場合一生住む目的でマンションを買うケースは少ないと思うので団体信用生命保険のためにも健康には気をつけましょう!

他にも購入をするときに知ったこと、みなさんに役立つことを書いていければと思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です