【ブラックの定義とは】絶対に転職をした方が良いブラック企業の3つの特徴

どもー二郎です(^o^)

みなさんは自分の働いている会社がブラック企業だと思ったことはありますか?

私が新卒で入った会社では、同期がほとんど辞めてしまうような会社で周りからはブラック企業だと言われることもありました

幸いなことに私が鈍感なのか私自身ブラック企業だと思ったことはなかったのですが、ブラック企業で働いていると感じた場合は基本的にはすぐに転職した方が良いです

しかし「ブラック企業」という言葉が先行してしまっていて私のように働いていてもブラック企業ってどんな会社なのかわからない方も実は多いのではないかと思っています

そこで今回はブラック企業とはどんなものなのか、その中でも絶対に転職をした方が良いブラック企業の3つの特徴を書いていきます

そもそもブラック企業の定義とは

そもそもブラック企業とは明確な定義がなく、厚生労働省は以下のような会社をブラック企業だと呼んでいます

厚生労働省においては、「ブラック企業」について定義していませんが、一般的な特徴として、① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す、② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い、③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う、などと言われています。

参考:厚生労働省HP

この①〜③は若干わかりづらいのでもう少し噛み砕くと以下の4つになると思います

  • 1.慢性的な長時間労働
  • 2.賃金不払い等の労働基準法違反
  • 3.パワハラ・セクハラが横行している
  • 4.離職が多い

1つ1つ見ていくと1~2に関しては、明らかに会社として違反をしているのでブラック企業です

しかし3と4に関しては個人によって受け取り方が異なる場合もあるので本当の意味でのブラック企業の定義はないと思います

実際私が働いていた会社ではパワハラで辞める社員も複数人いて、離職が多い会社ではありましたが私自身はブラック企業だと思ったことはありませんでした

それはやはり個人の価値観によるので、自分自身がブラック企業だと思ったらブラック企業ということです

絶対に転職をした方が良いブラック企業の3つの特徴

自分の働いている会社がブラック企業かもしれない!と思ったら基本的にはすぐ転職を考えるべきだと思いますが、周りからブラック企業だと呼ばれているだけで自分が許容できる範囲の働き方ができていれば転職せず働き続けるという選択を取る方もいるかもしれません

あくまでブラック企業というのは個人の価値観ですがその中で本当に転職をした方が良いブラック企業の3つの特徴を書いていきます

注意
精神的にきついと感じたらすぐに転職を考えましょう

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴①激務だけど給料が安い

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴1つめは激務だけど給料が安い場合です

本来であれば激務の会社は仕事内容に伴う責任と労働時間の長さから給料は高くなります

しかし激務なのに給料が安いというのは会社側にうまく使われていると考えて良いと思います

もちろん成果を出しているという前提の話になりますが、成果を出しているにも関わらず給料が安いという場合はすぐ転職を考えましょう!

また長時間労働から体調を崩してしたり、精神的に病んでしまったりする方はものすごく多いです

もしそのような環境で働いているのであれば、いつ自分がそうなってもおかしくないですし、そのような会社で長い間働いても給料は上がる可能性は限りなく低いので、転職をして給料をあげていく方が圧倒的に簡単で自分の人生にとってプラスになるはずです

会社ではなく労働社側にも会社を選ぶ権利があるので、辞めづらいから…などは考える必要はありません

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴②会社側が現状を改善する気がない

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴2つめは会社側が現状を改善する気がない場合です

どのような職場であっても、一時的に人員不足による長時間労働だったり、特定の人のパワハラ・セクハラは存在します

これは人と人が同じ環境で働く以上ある程度仕方ないことかと思いますし、会社側がこの問題を認識し現状を改善する気があり対処をしてくれている会社であれば近い将来改善されていくのでそのまま働きつづけるのも良いと思います

しかし現状を会社側が黙認し、特に改善をしないようであれば仮に今自分が巻き込まれていなくても将来的に巻き込まれる可能性は高くなります

仮に自分がそのような事態に巻き込まれていなくても、どの会社でも起こり得ることなので明日は我が身です

そのような問題を黙認するような会社は社員が辞めればまた採用すればいいいいと考えている会社で長く働くことは難しいのですぐ転職を考えましょう!

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴③スキルが得られない環境

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴3つめはスキルが得られない環境の場合です

仕事を楽しくできるというのが一番良いかもしれませんが、多くの方はそうではないかと思います

仕事をしていれば辛いことは沢山ありますが、つらい経験とともに自分のスキルが高められる環境であれば個人としての価値も上がるのでそのまま働きつづけるのもありかもしれません

自分のスキルが高められれば作れれば転職活動の時に自分の武器となり選択肢も増えますし、給料だって上げることができます!

しかし辛いだけでなにもスキルが得られない環境で働いているのであればただの時間の無駄です

そのような場合はすぐに転職を考えて、個人としての価値を上げられるような会社に転職をしましょう!

まとめ

ブラック企業の定義は曖昧で考え方は人それぞれ!

しかし自分が精神的にきついと思ったらすぐに転職を考えよう!

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴は3つ!

絶対に転職をした方が良いブラック企業の特徴
  • 激務だけど給料が安い
  • 会社側が現状を改善する気がない
  • スキルが得られない環境

このなかに当てはまるものがあれば、今の環境で働いていても自分にとって良い選択にはなりません

自分にとって最良の選択をして楽しく働いていきましょう!

転職をするならまず転職エージェントに登録することをおすすめします!

転職の不安について無料で相談に乗ってくれるので使わないと損です!
パソナキャリア

【ホワイト企業とは】毎日が幸せになるホワイト企業の見分け方3つのポイント

2018年10月21日

【絶対できる】未経験の業種へ転職するためにやるべき3つのこと

2018年10月17日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です